テイケン

Copyright(C) 2017 TEIKEN CORPORATION. All Rights Reserved.

​BKホイール

有気孔レジンボンド ダイヤ・CBNホイール

BKホイールはテイケン独自の気孔技術「PoreTec」を活かした有気孔タイプのレジンボンドダイヤ・CBNホイールです。

これまでは砥材、ボンド、充填剤、集中度などを改良することで、様々な研削加工にお応えしてまいりましたが、更なる課題に応えるべく、BKホイールが開発されました。

BKホイールは有気孔のため、従来より切れが良く、目詰まりしにくいため、ドレスインターバルが延びます。また、切り粉の排出を促し、放熱効果もあります。

気孔量は6段階に調整することができるため、設計自由度が高く、粗加工から鏡面加工のような仕上加工まで様々な研削、研磨に対応することができます。

現在は、多くのお客様にセラミックボディーを採用したシナジーホイールのBKタイプをご使用していただいております。

BKホイールの特徴、メリット

●有気孔のため、以下のメリットがある。

 ①切れ味が持続するため、ドレスインターバルが延びる。

 ②切り粉の排出、放熱効果がある。

 ③研削抵抗が低くなる。

●気孔量が調整できるため、設計自由度が高い。

​●難削材の加工に効果があり、さまざまな研削、研磨に対応できる。

お客さまの声

■従来品は切込みをかけると食い込んでしまい、ワークが中高になり、平行度で1~2/100㎜の誤差が出てしまい、ワー

 クによっては片側切込みに調整しないといけないケースもありましたが、BKは切れが良く、食い込みもなく、安心

 て加工できるようになりました。今回の加工では平行度0を達成することができました。

​(11V9 150x25x60 3W-5X TBN80N 80B2K3 工具研削、ワーク鋳物(生)、25x250、周速659m/min、ワーク速

 度15m/min、切込み2μm、研削代0.2㎜)

■従来は無気孔タイプを使用しており、研削面の大きい加工では工具が割れてしまうことがありました。BKに変え、割れ

 やカケが無く、安心して切込むことができるようになりました。

​(11A2 150x30x38.1 8W-3X-10E TDC270N 100B2K5 工具研削、ワークサーメット、15x15x6、研削代1㎜)

■従来ビトダイヤの#140、集中度125を使用しており、ワーク1本加工するのに2、3回ドレスを入れていましたが、

 BKだとノードレスで1本加工できるようになりました。ドレッサーの付け替えの手間が少なくなり、ホイール単価

 体安くなったので大変メリットがあります。

​(1A1 400x20x152.4 3X TDC140M 100B2K3 円筒研削、タングステンカーバイト、Φ60x800L、周速1960m/min

 ワーク速度26m/min、切込み0.01㎜、研削代0.5㎜、面粗さ0.3以下)

■BKホイールに変えることで、加工条件を周速1400→1600m/min、粗切込み6→10μm、送り速度250→400m/min

 まで上げられるようなり、加工時間の短縮に繋がりました。

​(3A1 350x38x127 15U-3X TDC170N 75B2K3 円筒研削、ワーク超硬、Φ110x50L、研削代1㎜)

■以前は結合度の硬いものを使用しており、周速も1120m/minで使用していました。BKホイールに変える際、スペック

 も提案してもらったものに変更することで、2070m/minまで上げても切れて、面も良くなり、加工時間の短縮に繋が

 りました。

​(4SP 300x32x31.75 3W-5X TBN80N 80B2K3 平面研削、ワークFC、FCD、周速2070m/min、切込み0.01㎜)

■従来は無気孔タイプの#170Nを使用していましたが、面が安定しないこと、加工時間がかかること、研削音が大きい

 ことが問題でしたが、BKに変え、目詰まりが少なく、切れているからか面粗度も安定し、加工時間の短縮に繋がりま

 した。切込み3→8μm、前後送り10→15㎜、加工時間12.5→2.85時間

​(1A1 300x30x76.2 30U-3X TDC140L 75B2K4 平面研削、ワーク窒化ケイ素、55x55x23T、研削代3㎜以上)

■従来はワーク1本加工すると目詰まりを起こし、アンペアが上がっていましたが、BKホイールは4本ノードレスで加工

 できるようになりました。

​(14A1 600x75x304.8 25U-3X TDC140N 75B2K3 円筒研削、ワークタングステンカーバイト、Φ80x600L、周速

 1500m/min、ワーク速度7.5m/min、切込み10μm、研削代0.5㎜)

■サーメットの加工で、従来品は切れが悪く、時々熱により割れてしまうため慎重に加工しており、2㎜研削するのに90

 秒かけていましたが、BKは切れて割れないため、20秒で加工できるようになりました。

​(6A2 150x40x40 15W-5X-10E TDC120L 75B2K5 工具研削、ワークサーメット、10x10x6、研削代2~3㎜

■BKは従来品に比べ、ホイール周速を上げても同等に切れるため、結果的に消耗も少なくなり、高い研削比を得ること

 ができました。また、ホイールの熱収縮が非常に小さく、安定した寸法管理ができるようになりました。

(1A1 180x13x31.75 3X TBN170L 75B6K2 平面研削、ワークSKD11、100x60x22.5、周速1680m/min、

 切込み5μm、研削代1㎜、面粗さRZ1.6)

■従来は最終段階で熱による食い込みや焼けが時々でるため、非常に注意が必要で大変な加工でしたが、BKは切れるか

 らかそういう心配がなく、安心して加工できるようになりました。

(1A1 180x10X31.75 3X TD1500D 75B6K6 平面研削、ワーク超硬、切込み1μm)

■従来はビトCBNを使用しており、目詰まりはないですが、角が欠けてボロボロになり、ワークも焼けていました。BK

 に変えると欠けは無くなり、音も静かで切れが良く、安心して加工できるようになりました。

(6A2 175x28x60 3W-9X TBN80N 80B2K3 平面研削、ワークFC焼入れ、周速1594m/min、ワーク速度10m/min

 切込み量粗5μm、仕上げ2μm、研削代0.2㎜、面粗さRa1.6以下)