​TDXホイール

切れ続ける”Ⅹ”ボンド

TDXホイールは、タフで長持ちする新しい砥材と、強力かつ切れが上がる新ボンドを採用した新しいビトダイヤホイールです。

また、熱によるダイヤの傷みを最小限に抑えた製法に変えたため、ダイヤ本来の切れ味を活かした加工に向いています。

​従来のビトホイール同様に、一体成形による剛性の高さ、熱膨張の少なさ、有気孔などの特徴はそのままなので、従来品との置き換えも可能です。

 

TDXホイールのメリット

●切れが良い。

●集中度180まで製作が可能

●切れ味が持続する。

 ①加工時間が短縮する。

 ②角ダレやチッピングが起きにくい。

 ③ドレスインターバルが伸びる。

お客さまの声

■従来品より切れが良く、研削音が静かなので安心して使用できます。また従来は1日4回はドレスが必要でしたが、

 TDXは朝一でドレスをかけると、夕方までノードレスで加工できます。消耗も少ないため、狙った寸法に近付けれる

 ようになり、楽になりました。

(1A1 180x10x31.75 5X TD400Q 150V6X ワークPCD、切込み1µm、研削代30µm

■ワイヤーカット後の面直しで使用しており、硬いホイールに設計してしまうと、ワークにダレとチッピングが起きて

 いましたが、TDXは従来よりキレイに仕上がり、チッピングも無く良好です。

​(3A1 180x10x31.75 6U-3X TD1000M 180V6X ワークPCD、切込み1μm以下、研削代5µm)

■従来品はレジンダイヤホイールを使用しており、頻繁にドレスが必要でした。TDXはドレスインターバルが10倍に

 伸び、またドレス時間も1/3以下になり、加工時間が大幅に短縮しました。

​(3A1 350x30x127 5U-3X TD400P 180V6X ワークPCD、切込み10μm、研削代50µm)

テイケン

Copyright(C) 2017 TEIKEN CORPORATION. All Rights Reserved.