テイケン

Copyright(C) 2017 TEIKEN CORPORATION. All Rights Reserved.

PTマグナム

巨大気孔トイシ

テイケンのロングセラーであるPTトイシを更に進化させた巨大気孔トイシです。

 

気孔径は最大で6㎜にまでなり、小径気孔と組み合わせることで、気孔率も向上させています。

ゴムやウレタン、樹脂など、熱に弱いワークや、切りくずが大量に発生する加工、目詰まりしやすい加工などに抜群の効果を発揮します。

PTマグナムの特徴、メリット

●巨大な気孔があるため、非常に切れがよい。

●切り粉の排出が非常によい。

●従来品に比べ、圧倒的に目詰まりしにくい。

お客さまの声

■従来はPTトイシを使用していましたが、PTマグナムに変え、1ドレスあたり4本加工だったのが、8本以上加工できる

 ようになりました。面はPTマグナムのほうが粗いですが、目詰まりし易い材質のためこだわりはなく、粗取りに関し

 ては非常に効果が大きいと思います。

(5A 255x45x25.4 GC46FE 125V4PO 円筒研削 ワークスポンジ、Φ45x590L、周速1440m/min、ワーク速度17m

 /min、切込み5㎜、研削代5㎜、乾式加工)

■従来は#100を使用しており、スクラッチ、送りマークが問題でしたが、PTマグナムを使用し、全て解決しました。加

 工時間も1.2㎜加工するのに10時間かかっていましたが6時間弱まで短縮することができました。また合成ゴムにも使用

 してみましたが、熱を持ちにくく、凸凹も付きにくく良好でした。

(1A 760x100x304.8 GC46HE 125V4PO 円筒研削 ワークウレタン、Φ1365x7850、周速1440m/min、ワーク速度

 85.7m/min、切込み45アンペア、研削代1.5㎜、湿式加工)

■PTトイシから試しに使用してみましたが良好でした。主には①今まで以上に目詰まりしにくい、②目詰まりしても

 エアーで取れる、③エアーで取れなくても水分を多少含ませるとボロボロ落ちてくれる、です。非常にメリットが出た

 ので次回よりPTマグナムに切り替えます。

​(1A 405x25x152.4 GC120/150FE 125V4PO ワークウレタンゴム 硬度30~70°、Φ30x30L、周速1800m/min、

 ワーク速度6m/min、研削代0.1㎜、乾式加工) 

■別工場でPTマグナムの噂を聞きテストしました。宣伝通り切込みがかかるため、従来8時間かかっていましたが、2時

 間でできるようになりました。

(1A 760x100x304.8 GC46HE 125V4PO 円筒研削 ワークウレタン 硬度90~96°、Φ870x8000L、周速1500m/

 min、ワーク速度200㎜/min、切込み20アンペア、研削代0.5㎜)

■従来は1往復で目詰まりしており、その都度ドレスしていましたが、PTマグナムはほとんど目詰まりしないので、ノー

 ドレスで加工できるようになりました。ドレスすることでのトイシの消耗、ドレッサーの消耗、ドレス時間など、様

 々なコストメリットが出ました。

(1A 760x100x304.8 GC60FE 125V4PO 円筒研削 ワークウレタン 硬度82°、Φ1015x6500L、周速1500m/min、

 ワーク速度48.5m/min、切込み45アンペア、研削代1㎜、湿式加工)

■従来品と比べ、ワークへの食いつきが良く、切れていることがすぐに分かりました。今までは0.1㎜に対し、0.06㎜し

 か取れませんでしたが、PTマグナムは0.1㎜に対し、ほとんど寸法通り取ることができ、加工時間も2/3に短縮するこ

 とができました。

(1A 860x80x304.8 GC46HE 125V4PO 円筒研削、ワークウレタン、Φ650x3000L、周速1755m/min、ワーク速度

 51m/min、切込み40アンペア(約0.1㎜)、研削代0.4㎜)

■PTトイシ#46からPTマグナム#60に変えたところ、切れは少し落ちますが、スクラッチは少なく、面粗度も良くなり

 ました。仕上げでこのトイシで行うため、#46を使用していた時よりトータルの加工時間は大幅に短くなりました。

​(1A 810x100x304.8 GC60FE 125V4PO ワークウレタン、Φ800x5700L、周速1400m/min、ワーク速度45m/min

 切込み0.005~0.01㎜、研削代0.5㎜、面粗さRa0.8~1.0、乾式加工)